Amazonフレッシュのメリットとデメリット【利用する前に知っておきたい】

4 min 5 views
Amazonフレッシュのメリットとデメリット【利用する前に知っておきたい】
アマゾン博士

アマゾン博士

Amazonのサービスをすべて使い込んだ博士。Amazonサブスクリプションサービスのメリットやデメリット、お得な情報を紹介する。また、登録方法、使い方などを誰にでも分かりやすくお伝えします。

FOLLOW

<strong>アマ犬</strong>

アマ犬

今の時代、通販で物を購入するのって日常茶飯事になってるよね。

通販を利用していると、すごく効率よく買い物できたって感覚になるから、よく利用しちゃうんだよね。

実際には、お店に行く時間や交通費、帰宅時間な時間とお金を有効に使っていると思うぞ。

<strong>アマゾン博士</strong>

アマゾン博士

<strong>アマ犬</strong>

アマ犬

そうだよね。そこで、週に2回はスーパーに行ってて、そこも有効にできないかAmazonフレッシュを検討しているんだけど、博士どう思う?

そうなんじゃな。じゃぁAmazonフレッシュのメリットやデメリット、利用する前に知っておくべきことなど、教えるからよく聞いておくれ。

<strong>アマゾン博士</strong>

アマゾン博士

この記事では、Amazonフレッシュのメリット・デメリットを解説し、あなたの生活が豊かにするためのヒントをお伝えします。

買い物の手間が省くことができるAmazonフレッシュをぜひ試してみよう。

Amazonフレッシュがおすすめできる理由【5つのメリット】

1

Amazonフレッシュを利用することで5つのメリットがうけられます。

Amazonフレッシュ5つのメリット

・節約できる

・品揃えが豊富

・買い物に行く時間や手間が省ける

朝早い時間から配達が可能

・安心感のある食材が届く

・生鮮食品が非常に新鮮

それぞれ詳しくみていきましょう。

節約できる

まず、衝動買いがなくなります。スーパーへ行くと「セール品」や「お値打ち品」などを大きく取り上げられているので、そういうところに目がいってしまします。

Amazonフレッシュは、必要なものを必要な分だけ選んで購入することができるので、無駄な買い物をしなくなります。

よって、Amazonフレッシュを利用している人で一番「使ってよかった」と声が上がっている項目は「無駄遣いがなくなり、節約できた。」です。

お家の冷蔵庫やパントリーと相談しながら品物や品数を購入することができます。

品揃えが豊富

Amazonフレッシュは、新鮮な野菜・果物等の生鮮食品やお米屋オムツなど重くかさばる商品をはじめ、無印良品、Oisix、RF1などの専門店の商品を取り揃えています。

また、とれたて野菜が選べる新鮮市も開催されています。

さらに、週替わりでさまざまな商品が特売になり、お得にお買い求めいただけます。

買い物に行く時間や手間が省ける

まず一番に考えることが子どもを連れての買い物は非常に大変です。幼児や小学校低学年の子どもだと、ゆっくり食材を選んでいる時間がありません。

また、重い荷物をたくさん持ちながら子どもと一緒に移動することは、非常に危険です。

子どもは予想できない動きをしたり、車の安全も確認したりしなければなりません。

また、スーパーが家から遠い場合など、Amazonフレッシュを利用することによって時間の余裕がうまれます。

移動手段に車やバス、電車などを利用する場合には、交通費もかかりますので、節約にもなります。

朝早い時間から配達が可能

フレッシュな食材を最短2時間でお届けしてくれます。

お届け時間指定も朝8時から深夜0時まで(エリアにより朝7時から夜11時まで)、2時間ごとにお届け時間を指定でき、ライフスタイルに合わせてご利用いただけます。

※追加料金で、1時間単位のお届け時間帯を指定することも可能。(地域限定)

安心感のある食材が届く

生鮮食品には、「鮮度保証プログラム」や「賞味・消費期限保証プログラム」を設けております。

鮮度保証プログラム

3
鮮度保証プログラム対象商品

鮮度保証プログラムの対象商品においては、鮮度にご満足いただけない場合、配達日を含む3日以内にカスタマーサービスにご連絡いただければ、返金致します。

対象商品の代金をクレジットカードでご購入されたお客様はクレジットカードに、Amazonギフト券でご購入の場合はお客様のAmazonギフト券残高に返金されます。

賞味・消費期限保証プログラム

4
賞味・消費期限保証 対象商品

賞味・消費期限保証プログラムの対象商品においては、保証されている期限が記載されています。

記載されている日数は、製造者が定める商品の賞味期限または消費期限の満了までに賞味または消費いただける最短日数を表わします。

たとえば、「到着日+2日」と表示されている場合は、最短でも到着日+2日間は、賞味期限または消費期限が残っていることが保証されます。

万が一保証期限が過ぎた商品が配送された場合、配達日を含む3日以内にカスタマーサービスにご連絡いただければ、返金致します。

対象商品の代金をクレジットカードでご購入されたお客様はクレジットカードに、Amazonギフト券でご購入の場合はお客様のAmazonギフト券残高に返金されます。

生鮮食品が非常に新鮮

Amazonフレッシュは、 生鮮食品には、「鮮度保証プログラム」や「賞味・消費期限保証プログラム」を設けているため、新鮮さには重点を置いています。

万が一、不在だった場合は鮮度が悪くなってしまうため、再配達をしておりません。

また、とれたて野菜が選べる新鮮市も開催されています。

さらに、週替わりでさまざまな商品が特売になり、お得にお買い求めいただけます。

Amazonフレッシュ3つのデメリット

2

非常に便利でお得なAmazonフレッシュでも、利用するにあたり、注意しておきたい3つのデメリットがあります。

Amazonフレッシュ〇つのデメリット

・最低4000円以上購入する必要がある

・再配達はされない

・利用できる地域が限定されている

>>Amazonフレッシュを試す

最低4000円以上購入する必要がある

最低注文金額が4,000円と設定されています。

1回のご注文が4,000円以上の場合は390円のフレッシュ配送料がかかります。

10,000円以上で配送料が無料になります。

通常、2時間ごとのお届け時間帯をお選びいただけます。

1時間ごとのお届け時間帯をお選びいただいた場合は、追加料金500円の配送料がかかります。

※金額はすべて税込です。

再配達はされない

お届けの際に、ご不在だった場合、ご注文はキャンセルとなり、再配達は行われません。

確実にお受け取り可能な日時枠をご指定ください。

お届け日時を変更する場合は、商品発送前に注文をキャンセルし、再度ご注文する必要があります。

これは、新鮮な食材を確実に提供するためなので、仕方がないことです。

必ず在宅の時間を指定しましょう。

利用できる地域が限定されている

これが一番のデメリットです。

全国展開も施設が整えば可能だと思いますが、2021年8月現在では、利用できる地域が以下のようになっています。

東京都(18区、2市)・神奈川県・千葉県の対象エリアにて、ご利用いただけます。

なお対象エリアは、引き続き拡大しています。

東京都 : 世田谷区・目黒区・千代田区・中央区・台東区・墨田区・江東区・渋谷区・品川区・大田区・港区・杉並区・新宿区・文京区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・調布市・狛江市

神奈川県 : 川崎市(高津区・中原区・多摩区・宮前区・川崎区・幸区・麻生区)、横浜市(西区・神奈川区・港北区・中区・都筑区・緑区・鶴見区・南区・磯子区・保土ケ谷区・旭区・青葉区)

千葉県 : 浦安市、市川市

まだまだ地域は限定されていますが、今後はさらに拡大されると予想されます。

Amazonフレッシュの料金は?

Amazonフレッシュ自体は、無料で利用することができます。

ただ、Amazonプライム会員になっている必要あります。(月額500円)

>>プライム会員に登録する

一回の購入で最低4000円以上購入する必要があり、10000円以上の購入で送料が無料になります。

1週間分の食材をまとめて買えば送料もほぼ無料になります。

食材だけでなく、日用品も購入することができるので、普段のスーパーでの買い物をAmazonフレッシュですべて賄うことが可能です。

まとめ

Amazonフレッシュは、普段の買い物がインターネット上で利用できるサービスです。

野菜や肉・魚などの生鮮食品も購入することができ、こだわった品質や新鮮な鮮度を提供してくれます。

注文から最短2時間で届けてくれます。

保証もしっかりとしており、安心できるサービスです。

ただ、地域限定のサービスなので、東京都・神奈川県・千葉県でないと利用することができません。

Amazonフレッシュで、新鮮かつ、こだわった品質を体験してみてください。

>>Amazonフレッシュを試す

アマゾン博士

アマゾン博士

Amazonのサービスをすべて使い込んだ博士。Amazonサブスクリプションサービスのメリットやデメリット、お得な情報を紹介する。また、登録方法、使い方などを誰にでも分かりやすくお伝えします。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です